HITOSAJI

小さな南の島からくらしのひとさじ

いのちの源 モリンガの種を半年食べ続けた効果

f:id:yoshie_radhika:20191102150311j:plain

カオハガン島

 

こんにちは!

カオハガン島のyoshieです。

南の島から、心身健やかに過ごすためのくらしのひとさじをお届けします。

すっかりブログをご無沙汰してしまいました。子育ての合間に記事を書くということは難しいことですね。

今年の5月に第二子の出産をし、7月に仕事に復帰しました。気づけばもう11月!今年が終わる前に、元気の秘密をみなさまに伝えなければと思いました。

実は、産後のわたしはとても元気でした。島にいらっしゃるお客さまにも、3ヶ月の乳児がいるとお話すると、びっくりするぐらいです。シャキッと元気に過ごせたのは、家族のおかげでもあるのですが、モリンガの種のおかげでもあるのです。

 

いのちの源、モリンガの種

 

はじめは、植物の種を食べると聞いて、ビックリしました。種は植えるためだけではない、身体に摂取していいものだという新鮮な驚きです。

奇跡の木、モリンガは、葉、枝、根、種、花、すべて摂取することができ、その並外れた栄養効果から、スーパーフードとして、少しずつ注目を浴びつつあります。そんなモリンガは、わたしが住むフィリピンではなくてはならない大切な植物。野菜の摂取が難しい島育ちの家族もモリンガで栄養を補給していたそうです。

奇跡の木と呼ばれるモリンガのいのちの源を食べるということで身体にどんな変化が起こったか、レポートしていきますね。

 

f:id:yoshie_radhika:20190529125540j:plain

 

奇跡の木、モリンガとは?

 

「モリンガ」とは、インドを原産とするワサビノキ科の植物。インド、アフリカ、フィリピン、インドネシアなどの亜熱帯の国々で健康のために摂取されています。

葉の部分は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸がバランス良く含まれていて、ビタミンCはオレンジより多く、またカリウムはバナナより、鉄はほうれん草より多く含まれていると言われています。

なんと、90種類以上の栄養素が含まれており、栄養素の種類だけではなく、内容量も豊富なのがこのモリンガの特徴と言われています。

その中でも、注目すべきモリンガの種の効能は、汚水の浄化作用。信じられないようなことですが、モリンガの種を砕いて、汚水に混ぜるだけで、種に汚れが吸着して、種は汚れとともに沈殿します。細かい目の生地で濾すだけで、水がきれいに浄化されてしまうのです!

 

www.youtube.com

 

さすが、奇跡の木の源である種!これと同じことが身体の中で起こっていくのです。

 

モリンガの効能をもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

www.yoshie-radhika.com

 

モリンガの種を半年食べ続ける


モリンガの種には素晴らしい浄化作用があると、カオハガン島民から聞いていたのですが、当時妊娠中だったわたしは、食べることができませんでした。

ある島民からは、「モリンガの葉はいいけど、種はだめ!」と強く念押しされていました。違う島民からは、「妊娠中はモリンガの葉すらだめ!」とも言われていました。

なぜかというと、昔、フィリピンでは堕胎のためにモリンガの根を摂取していたことがあったようです。フィリピン国民はカトリック教が多く、堕胎はご法度。でも、どうしても・・・という場合に使用していたらしく、その影響でモリンガ自体、妊婦さんには危険というお話になっているようです。

 

浄化ということは、身体から下に向かって押し出すエネルギーが作用するもの。妊娠中は、摂取するものに注意が必要ということです。

そんなことで、妊娠中はモリンガをほとんど摂取せず、我慢していました。ポーンと次女を出産後、いてもたってもいられず、ワクワクしながらモリンガの種を食べ始めました。

 

f:id:yoshie_radhika:20191102145951j:plain

鞘の中のモリンガの種

 

女性に嬉しいデトックス効果

 

産後のわたしは便秘でした。出産前後は誰しもが便秘に悩まされるのではないでしょうか。

わたしは、年間通して365日エブリデー快便派なのですが、産後ばかりは便秘でした。2日に一度、3日に一度というペースは、エブリデー派にとって、かなり苦痛です。

今まで何の問題もなかった腸に一体なにが起こっているんだろうと考えたり、Googleで「べ」と打つと、「便秘」と予測するだけでなく、「便秘 効果」とか「便秘 体操」とか、Googleさんもいろいろと教えてくれるようになりました。

これは、モリンガの種で身体を浄化するしかないと立ち上がり、早速飲み始めました。

 

効果は、抜群でした!といっても、今日飲んで、今日スポーンッ!というのではありません。

モリンガの種を飲み始めて、1週間。トイレに行ってみると、オイルに包まれた便がスルリと出る感覚でした。それはまるで、モリンガの種に含まれているオイルやその浄化隊が、腸の中の汚れを吸い取り、一緒に外に出てきてくれるようなイメージ。これは、わたしのイメージですが、間違いないと確信しています。

モリンガの種のおかげで便秘知らずになり、産後の体内の汚れも綺麗に落ちていったようです。産後直前13キロ太ったわたしでしたが、半年で13キロ落ちました!でも、お腹まわりはぷよぷよしているのは、なぜでしょう?笑

 

www.yoshie-radhika.com

 

未病にも効果抜群

 

未病とは、病気の“芽”が出てきた状態。
人は、健康という状態と病気という状態をはっきりと分けることができません。一見、元気に毎日を過ごしているように思えても、身体のどこかに不調和を感じているということを、未病と呼びます。

モリンガには、免疫力を高め、血圧や血糖値をコントロールします。ホルモンのバランスを整え、炎症、臓器と潰瘍の治癒に効果的。細胞の活性や復活を促し、体内毒素を強制的に排泄する作用があり、人体における全ての諸病に効果があるとされています。

出産という大仕事を終えた後、赤ちゃんに母乳を与えるというのもまた大仕事。身体から赤ちゃんを出した後、お母さんの身体は、今までぎゅうぎゅうに詰まっていた内臓たちがいっせいに大移動して、ホルモンバランスは崩れているし、母乳を出すために身体は栄養素を一生懸命探している状態。すごいですよね!

そんな中、赤ちゃんに母乳をあげるために睡眠時間も削っているお母さんたち。お疲れさまです。へとへとな状態で、栄養も持っていかれると、体調を崩しやすくなります。

わたしも第一子を出産した後、何度も熱を出していました。大丈夫だと思って無理をしすぎていたからかもしれません。熱を出して寝込むと、赤ちゃんに母乳をあげることも難しく、産後はしっかり栄養を取らなくては!と思っても、島暮らしだとなかなか毎日のように精がつく食べものに巡り合うことは難しかったです。

でも、第二子出産後は、モリンガの種を食べ始めたので、同じ食生活を送っていても、体調に不調和を感じることが激減しました。身体のバランスを整えることができ、病気を防ぎ、未病から健康な状態へ身体を導くことができるということは、こうゆうことかと深く納得しました。

 

f:id:yoshie_radhika:20190529125509j:plain

モリンガの種

 

モリンガの種の摂取の仕方

 

一日一粒、口の中で噛み砕いて、飲み込みます。少し苦味がありますが、唾液と混ざると甘味が口に広がります。苦味が苦手な方は、水を口に含むと、噛んだ後、甘味がすぐに口に広がるので、摂取しやすいです。

モリンガの効能を期待しすぎて、一度に大量摂取するのもやめましょう。健康な人でも内蔵に負担がかかりすぎてしまう危険性があるからです。

 

 

気になるモリンガの副作用は?

 

モリンガは薬ではなく食べ物(スーパーフード)ですので副作用はありません。

モリンガの種は、下へ押し出す浄化作用があるので、妊娠中は摂取してはいけません。

最初にもお伝えした通り、フィリピンでは昔、堕胎用にモリンガの根を使用していたこともあったことから、モリンガ自体を妊娠中の女性には勧めませんが、葉の摂取のみでしたら問題はないそうです。

ただ、妊娠時の女性は、母子共に脅威にさらされやすい状態であり、通常の食物でも顕著に影響が出やすい時期です。こうした時期には、食材の摂取を注意していく必要があります。

 

f:id:yoshie_radhika:20191108125238j:plain

モリンガの芽@カオハガン島

 

まとめ

 

わたしが実感したモリンガの種の効果は、身体の中の老廃物を流してくれるデトックス効果と免疫力向上。体調を崩しやすい産後のわたしにとって、とってもありがたい効果でした。

薬やサプリメントに頼ることなく、植物からいただく恵みで身体を整えていく。こんな嬉しいギフトはありません。まさに自然と寄り添って生きていくということが少しずつかたちになりはじめています。

島に住み始めてから、身体からの反応に耳を澄ますことが多くなりました。身体に取り込むもの、環境の変化、心の状態。

「あれ?なんでかな?」と、思う、突然の体調の不調和をじっくりと眺めていくと、「あぁ、こうゆうことか。」と納得するようになりました。

モリンガという奇跡の木に出会い、いのちの源とも出会い。

身体が求めている安らぎを、少しずつ実現できているような気がしています。外に向かう喜びではなく、内から溢れ出す喜びこそが、わたしの幸せと呼べるかたちです。

モリンガの浄化作用は、人だけでなく、地球という美しい星を救う可能性を秘めています。できるだけ多くの人がそれを知り、良いかたちで広がっていくことを祈ります。