HITOSAJI

小さな南国のコミュニティ、カオハガン島のくらしのひとさじ

カオハガン島にこれから出会う人へ

f:id:yoshie_radhika:20200203163038j:plain

 

こんにちは!

カオハガン島のyoshieです。

南の島から、心身健やかに過ごすためのくらしのひとさじをお届けします。

 

島に住み始めて、5年が経ちました。

これまで島でたくさんの方をお迎えし、その出会いの深さに感動し、島の魅力を語りあってきました。まだまだこれからたくさんの出会いが待っているはず。

これからカオハガン島に出会う方へ、カオハガン島の魅力をシェアさせていただければと思い、まとめてみました。

カオハガン島に行きたいけど迷っている方、どんなところか知りたい方、ぜひ参考にしてくださいね。

 

CONTENTS

 

f:id:yoshie_radhika:20200203163334j:plain

 

カオハガン島とは?

フィリピン共和国のビサヤ諸島、セブ島からボートで約1時間。オランゴ環礁内にある、ひとつの美しい島。敷地面積は5万平方メートル。東京ドームと同じぐらいの小さな島に、約700人の島民が暮らしています。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203163743j:plain

豊かな自然に守られた島

珊瑚からできたカオハガン島は、美しい海に囲まれています。熱帯珊瑚保護区には、世界でも珍しい生きものがたくさん生息しています。海の中をのぞいてみると、息をのむような景色がそこには広がっています。

 カオハガン島にはたくさんの植物が生きています。木を切ることを禁止しており、椰子の木などの植林も積極的に行っており、島民みんなが自然を大切にしています。木がたくさんあることで、島全体に木陰をつくり、暑い日も直射日光にさらされずに涼やかに過ごすことができる、そんな島民たちの暮らしの工夫も。

そんな木々には、ナンヨウショウビンという青い鳥が行き交います。まるで海の色をそのまま写したような青い羽を広げて。カオハガン島の青い鳥に出会うことができたら、ハッピーな気持ちになることでしょう。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203163523j:plain

オーナーが日本人の島

約30年前に、ダイビングの途中でカオハガン島に出会った崎山克彦は、一目で恋に落ちてしまい、約1,000万円で島を購入しました。

カオハガン島の島民とともに、自然とともにある暮らしを楽しみながら、持続可能なコミュニティづくりに尽力。

島民の教育のために、カオハガン島小学校が2年制だったのを6年制にまで引き上げました。また、島民の医療のために、ヘルスセンターを設立。宿泊施設の収益からは、子どもたちへの奨学金制度があり、島民への医療補助制度があります。カオハガンキルトやクラフト製作など、数々の島民の手仕事も生み出してきました。

カオハガン島での生活を綴った著書を出版。なかでも「何もなくて豊かな島」は、ベストセラーとなりました。

 

 

f:id:yoshie_radhika:20200203163926j:plain

島民とともにある島

カオハガン島には、約700人の島民が暮らしています。太陽の光を浴びて、潮が引いたときに貝や小魚をとり、雨水を生活用水にして、自然から恵みを大切に生活しています。

嵐が来れば、家族身を寄せ合い、嵐が去れば、壊れた家を自分たちで修理する、そんな生きる力がある島民たちが、人生というドラマの中の「今」を生きています。

崎山克彦が島民たちと信頼関係を築いているので、島民はカオハガン島へ訪れるゲストを歓迎し、おもてなししてくれます。そんな島民とのふれあいに魅力を感じる人も多いはず。

また、バランガイカオハガン(バランガイとは村という意味)というひとつの村があり、島民たちが選挙で選んだ、村長、村会議員が村をひとつにまとめています。ドラックフリーな平和な島として、市から表彰を受けたこともある、安全な島です。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203164109j:plain

カオハガン島に宿泊して自然を満喫

カオハガン島に宿泊すると、自然の中で生きていることを実感することでしょう。

海に太陽が沈み、空が夕焼け色に染まるという美しい景色を見ることができます。夜が深まると、天の川や流れ星が煌めく満天の星空を心置きなく堪能でき、運が良ければ、南十字星を眺めることもできます。翌朝は、地平線からのぼる太陽を浴びて、さわやかな一日の始まりを迎えることができます。

自然の中でしか味わうことができない貴重な体験の数々。カオハガンハウスに宿泊して、心地よく過ごしてみましょう。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203165720j:plain

 

カオハガンハウスとは?

カオハガンハウスは、カオハガン島内にある唯一の宿泊施設です。

もともと、島のオーナーである崎山克彦が友人を招いたことから始まったカオハガンハウス。アットホームな雰囲気の漂う空間の中で、綺麗な海を眺め、リラックスしながらゆったりと時を過ごせることにあります。

天然素材でつくられた建物は、あたたかみが感じられ、宿泊先での時間を特別なものにしてくれます。夜しか電気がつかないという環境ゆえ、食材は新鮮なもののみを使用。日本の口に合うフィリピン料理を宿泊者全員で囲むという食事スタイル。宿泊者同士楽しく交流でき、一人旅でもさびしくありません。カオハガン島での出会いは旅をより一層深いものに変えてくれます。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203164221j:plain

カオハガン島での過ごし方

カオハガン島で、どんなことができるのでしょう。なにかすることあるのかな、と心配される方もいらっしゃいます。大丈夫、心配ご無用です!自然と仲よく遊ぶ方法を良く知る島民スタッフがさまざまなアクティビティにみなさんを連れて行ってくれます。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203165722j:plain

熱帯珊瑚礁保護区で地球の美しさを感じる

海でのアクティビティはもちろん、熱帯珊瑚礁保護区でのシュノーケリング。

カオハガン島海域の生態系を保護するために、カオハガン島の南側、36万平米、カオハガン島の約7倍の広い海域を囲って、「カオハガン島熱帯珊瑚礁保護区」を2010年に創設。そこでは、餌付けや養殖を一切しておらず、自然のままに生きるものたちの姿を見ることができます。それは、自然の中にある水族館に行くようなイメージ。世界一生物が多いと言われている熱帯珊瑚礁保護区でのシュノーケリングは、きっとあなたが今まで知らなかった世界へ連れて行ってくれることでしょう。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203165736j:plain

島民の手仕事を体験

手先が器用な島民に教えてもらうクラフト体験にはワクワクがいっぱいです。カオハガン島という土地にあった材料を生かして行いますので、日本では手に入らない珍しいお土産になります。

パンダナスという植物の葉をなめし、編んでいき、まわりに貝をつけるとコースターに。ココナッツの実を割るところから始まるココナッツオイルづくりは、人気ナンバーワンのアクティビティです。ココナッツの葉からつくるホウキは、庭掃除にピッタリ。

つくり方をマスターすると、あなたもカオハガン島民の一員になれるかも!

 

f:id:yoshie_radhika:20200203170135j:plain

島民の生活を体験

釣り竿を使わないカオハガン方式の釣りや、潮が引いた浅瀬を歩く、磯歩き。どちらも島民が毎日の生活のために行っていることです。

なにもなさそうに見える浅瀬の中にたくさんの貝やナマコ、小魚が隠れています。島民にしかわからない秘密の隠れ家にはたくさんの生きものが隠れていて、それを教えてくれます。ウニを採って、その場で味見するという贅沢な体験も。何もなくて豊かな海の生活を堪能できます!

 

f:id:yoshie_radhika:20200203170431j:plain

なにもしない贅沢

カオハガン島での贅沢な過ごし方は、なにもしないことです。

普段から、「次になにをしよう。」「あれをやらなくては。」と考え続けているマインドを休めて、風に吹かれながら、ぼーっとする。ゆっくり流れる時間に身を任せるということで心身ともにリラックスします。身体と心が整えば、集中力が高まります。

日常を忘れ、なにもしないという至福な時間の過ごしたとき、今までになかったアイディアや感情が込みあげてくるかもしれません。そんなときは、第三者として自分をみつめ、それも含めて自分なんだなぁと受け入れていきます。そんなありのままの姿の自分に還り、そんな自分を愛するという贅沢な時間。

カオハガン島でなにもせずにのんびりと過ごすことで、新らたな価値観を見つけ、もともと自分のなかにいた新らたな自分に出会えるかもしれません。

 

f:id:yoshie_radhika:20200203170559j:plain 

まとめ

今の生活に少し立ち止まりたくなったり、どこか遠くへ行ってみたいと思うことは誰にでもあります。カオハガン島はそんな人生のターニングポイントに立つ人を呼ぶ島です。カオハガン島に出会い、人生が大きく変わったという人も少なくありません。

わたしもカオハガン島に出会い、魅了されて、住むことになりました。それは大きな決断でもなんでもなく、もうすでに用意されていた人生の流れに身を任せていた結果です。

この記事を読んで心当たりのある方、笑、ぜひカオハガン島へお越しください。大きな自然があなたを包んでくれます。

 

カオハガン島に呼ばれている人はこちらへ↓

www.yoshie-radhika.com