HITOSAJI

小さな南の島からくらしのひとさじ

永遠に食べれるアニカッド

f:id:yoshie_radhika:20190203130424j:plain

フィエスタが終わった喪失感の中、お金もなく、海におかずを探しにいくオット。たくさん採ってきたのは、アニカッドと呼ばれる小さな巻貝。

ネギとチリとドライマルンガイをいれて、スープにしていただく。

貝の出汁がよく出て美味しい〜!

アニカッドは小さすぎるため、針を使ってほじります。端っこは食べれないので、ペっ!とその辺に吐き出す。

永遠に食べ続けれるなと思うほど、一つ一つの貝のパンチはないのですが、何十個も食べると意外と腹持ちがいいとオット談。

アニカッドがたくさん採れる時期は12月。温かいスープで心もお腹も満たされる少し肌寒い夜を過ごした。