HITOSAJI

小さな南の島からくらしのひとさじ

元祖!カオハガン島の不思議ないきもの

f:id:yoshie_radhika:20190204124812j:plain

サルポと呼ばれる指サックのような生きもの。

普段は砂の中に隠れていて、潮が引いた時に、島民が砂の中に手を突っ込んで引っ張り出されてくる。

写真はサルポ全体ではなく、カットされたもの。

カットされた箇所が、ブー!と、文句を言う唇のようなかたちになっていてますます怪しい。

こんな高級貝、もう二度と食べられない

f:id:yoshie_radhika:20190204124538j:plain

日本のお客さまをおもてなししているときに登場した、めちゃくちゃ美味しい貝!

こちらではターブと呼ばれる、タイラギ貝の貝柱。

プリプリでたまらない美味しさ!

普段では口にすることができない、高級魚介〜!

また食べれますように

島的素麺

f:id:yoshie_radhika:20190203133845j:plain

ロコットと呼ばれる素麺のようなもの。

浅瀬の海に、小さなかたまりでポーンと落ちている。貝を拾いにいったら、ついでにロコットも、というような存在。

スープに入れて、ヌードル感覚でつるり。うまい!

でも、これ、ウミウシの排泄物らしい。卵という説もあり。どちらにせよ、ウミウシから出てくる何か。

これのおかげなのか、魚ばっかり食べてても便秘知らず。

海のめグミ

f:id:yoshie_radhika:20190203132750j:plain

ゴソと呼ばれる海藻。

グミみたいな食感を想像する見た目だけど、噛み応えは普通の海藻。酢でしめて、生姜やトマトと一緒に食べると美味しい!

たくさんあると絡まりあって、ほどくのも面倒になり、えーいっ!と口にたくさん含むこととなる。口の中はゴソだらけ。

これナニ?って聞いて、オイシイよ!と言われて、あとに引けなくなった謎のイキモノ

f:id:yoshie_radhika:20190203131041j:plain

先日、オットが採ってきたと思われる謎の海鮮。

スープの中で一際、赤くエグいこの物体。これは何かと尋ねたら、美味しいよ!食べて!と言われ、食べてみる。うん、、わかんない。笑

もう一個あったので、撮影し、再食。

うん、、白子のような濃厚さ。

ぶっきらぼうなオットのざっくりとした説明では海の生きものであるといことしかわからなかった。

ちなみに、食べた後、ほんのり、お腹が緩くなる。

だって採れちゃったんだもの

f:id:yoshie_radhika:20190203130743j:plain

オットが採ってきた魚の中になんと人気の熱帯魚、ツノダシが!

え、え、食べちゃうの。と言っているうちに、ココナッツの殻で火を起こして、焼かれてしまった。

真っ黒焦げになったツノダシはもう他の魚と同じようになってしまった。

皮は弾力があり、身はあっさり淡泊なお味。

永遠に食べれるアニカッド

f:id:yoshie_radhika:20190203130424j:plain

フィエスタが終わった喪失感の中、お金もなく、海におかずを探しにいくオット。たくさん採ってきたのは、アニカッドと呼ばれる小さな巻貝。

ネギとチリとドライマルンガイをいれて、スープにしていただく。

貝の出汁がよく出て美味しい〜!

アニカッドは小さすぎるため、針を使ってほじります。端っこは食べれないので、ペっ!とその辺に吐き出す。

永遠に食べ続けれるなと思うほど、一つ一つの貝のパンチはないのですが、何十個も食べると意外と腹持ちがいいとオット談。

アニカッドがたくさん採れる時期は12月。温かいスープで心もお腹も満たされる少し肌寒い夜を過ごした。