HITOSAJI

小さな南の島からくらしのひとさじ

カオハガン島の言葉のおはなし

こんにちは!

カオハガン島のyoshieです。

カオハガン島で暮らし始めて4年過ぎました。

現地の男性と結婚したものの、わたしの言語能力の低さからか、まだまだ流暢に現地の言葉を話せません。

原因はオットが日本語を少し話せるということもあるのですが、なかなかわたしとの会話がうまく成立しないことに苛立ったのか、最近はスパルタ教育のようにバリバリの現地語を猛スピードでふっかけてきます。

おぉ。。オットよ。何言ってか、わかりません。

 

f:id:yoshie_radhika:20190716155643j:plain

 

CONTENTS

 

カオハガン島の言葉のおはなし

 

カオハガン島の言葉は何語?

 

フィリピンのビサヤ地区に位置するカオハガン島の言葉は、ビサヤ語です。

ビサヤ語は、近隣のセブ島でも話されており、セブアノ語とも言います。セブアノ語とビサヤ語は同じだとわたしは認識しておりますが、もしかすると細かな違いがあるかもしれません。イメージでは、ビサヤ語の方がなんだか古臭い感じはします。

カオハガン島は、小さな島。いわゆる田舎ですので、ビサヤ語と言いつつも、独特な発音の仕方、省略系があったり、コミュニティ内で通じる言い方などがあるようです。

 

ビサヤ語は簡単?

 

基本的に私が使っているビサヤ語は、ジャパニーズビサヤ語です。時制や単語の並びもある程度の配慮はしつつも、めちゃくちゃです。でも、単語を並べれば、なんとか通じます。そうゆう意味では簡単な言語です。

わたしの話し方は、ボビーオロゴンが日本語を話すときのように、「オマエ、何スル?」というような話し方をしていると、想像します。

家族や、一緒に仕事をしている島民スタッフは、ボビーなわたしのレベルに合わせて会話してくれるからとても助かります。わたしがボビー的に多少失礼な言い方をしてしまっても、島民たちは決して怒ったりしません。優しく見守ってくれています。

 

わたしのビサヤ語習得法

 

*わからない単語が登場したときに意味を聞く

*話したいことに含まれる、表現できない単語を教えてもらう

 

この二つのことを繰り返していくことで、ビサヤ語を習得してきました。といっても、わたしのレパートリーなんて少ないものです。わからない単語を教えてもらうのは、やっぱりオットが一番と思っていましたが、めんどくさいのか、はっきりと答えてくれません。英語で表現しづらい言葉が多いというのも事実ですが。

ムスメたちに教えてもらうのが一番かもしれないと、すでにオットから習うことを諦めています。苦笑

でも、ムスメが話していることがよくわからないという現実もすでに起こっています。

 

ムスメ「〇〇だよ!」

わたし「〇〇って、なぁに?」

ムスメ「だから、△△だって。」

 

わたしがわかるであろう単語に言い換えてくれるムスメ。涙

ありがとう。。母ちゃん、ちょっとずつ覚える。。!

 

ムスメの他に、オットの母ユーリもビサヤ語の先生です。母ユーリからは日常の生活で使うビサヤ語を学ぶことが多いです。

 

f:id:yoshie_radhika:20190716152900j:plain

 

カオハガン島の言葉とコミュニケーション

 

どんなときも名前を呼んでくれる

 

カオハガン島だけでなく、恐らくフィリピン全体でそうである、〝会話の最後に名前をくっつける〟ということが、とても面白い習慣です。

たとえば、オットがわたしに話しかけるとき、必ず名前(ヨシというのがわたしのニックネームです)を最後に入れてくれます。

 

「アリ バ、ヨシ(来なよ、ヨシ)!」

「カオン タ、ヨシ(食べよう、ヨシ)!」

「アサ カ、ヨシ(どこ行くの、ヨシ)?」

 

少々乱暴な感じで言うのが、島の訛りです。怒っているのではなく、愛情らしいです。

これはオットだけでなく、島民のほとんどの人が同じように、会話の語尾に名前を入れてくれます。

名前を呼んでくれるのは、とても嬉しいことです。わたしという存在を認めて、わたしに言ってくれているという特別感。彼らにすれば、当然であり、何気ないことなのですが、日本人のわたしにとっては、新鮮で心温まる習慣です。

 

すれ違うときに名前を呼ぶ、それがあいさつ

 

オットの友だちは、まだウリタオ(ビサヤ語で独身男性のことを指す)が多いのですが、ウリタオたち(いや、ウリタオでない人も)は、なぜかすれ違いざまにお互いの名前をちょっと変なドスの効いた声で呼び合います。

 

「ジャンドレー!」と呼ばれると、

「アルジューン!」と返す。

 

あ、オットの名前はジャンドレです。いや、ぶっちゃけて言うと、オットの名前の発音がよくわらかないのです。今回のところはジャンドレっていう名前にしといてください。笑

この風習はなんだかよくわからないのですが、オットの周りの仲良し軍団だけのルールなのかもしれないと、思っていました。

ところが、わたしもブラブラ歩いていると、すれ違いざまに「ヨォシー!」と、ドスの効いた声で呼ばれることがあるので、島民全体的にそうだということに気がつきました。

 

名前を呼ぶと同じぐらいのレベルで使われてるいる「パリ」と「マリ」

 

生まれたばかりの子どもは、キリスト教の洗礼式を受けます。

洗礼式ときに、その子どものゴットファーザーとゴットマザーになってくれた人が、その子どもの成長を両親とともに見守るという風習があります。

子どもの両親は、ゴットファーザーのことを「パリ」と呼び、ゴットマザーのことを「マリ」と呼びます。

子どもももちろん、ゴットファーザー、ゴットマザーのことを、パリ、マリと呼びます。

ゴットファーザー、ゴットマザーもその子の父親のことをパリと呼び、母親のことをマリと呼びます。

ゴットファーザー、ゴットマザー同士もパリ、マリと呼び合います。

 

意味わかりましたでしょうか?笑

つまり、洗礼式に参加した者は、子ども以外全員パリとマリです。笑

洗礼式は子どもが生まれる度に行われますので、島内のパリとマリの人口もどんどん増えていきます。もはや、パリとマリではない人はいないのではないでしょうか。

島内で誰かと誰かがすれ違いざまに、名前ではなく、「パリ〜」「パリ〜」と呼び合う姿をよく見かけますが、誰がゴットファーザーもしくはゴットマザーなのか、それとも洗礼を受けた子どもの親なのか、それとも洗礼を受けた子どもなのか、関係性が全くわかりません。

ひとつ言えることは、本人同士はわりと関係性を覚えているということと、敬意を持って、パリ、マリと呼び合っているということです。実に奥深い。

 

f:id:yoshie_radhika:20190716152922j:plain

 

道ですれ違う相手に、旬な一言で愛を叫ぶ

 

カオハガン島は、小さなコミュニティなので、毎日いつものメンバーと顔を合わせます。家族みたいなものですから、目であいさつしたりするものの、あえてあいさつをしなかったりもします。

ですが、比較的お調子者の島民は、すれ違う相手に、あいさつの代わりに一言浴びせます。

 

たとえば、妊娠中のわたしへの旬な一言でいえば、

「ハピット ナ アナッーク(もうすぐ子どもが生まれるねー)!」

「ダコ ナ ティアーン(お腹大っきくなったねー)!」

 

語尾を伸ばすような調子で、すれ違う相手に言い残して言うようにするのが特徴です。明るい性格の島民たちが相手を想いやるひとつの表現方法。爽やかなあいさつではなく、相手に対して旬な一言で、愛を叫ぶ。それが、ご近所さん同士が身を寄せ合って暮らしている島民たちの、狭く深い関係のつくり方なのかもしれません。

 

まとめ

 

ここまで言葉のことを紹介しておきながらですが、カオハガン島は言葉が通じなくても、笑顔で会話できる島民がたくさんいます。

もちろん、そんな彼らと専門的な話をすることは難しいかもしれませんが、「日常」という暮らしを笑顔と少しの言葉で、過ごすことは難しいことではありません。

むしろ、言葉がわからないからこそ、相手の目を見て、じっくり話を聞き、話の意図を注意深く汲み取るということが能力として身についていっているように思えます。

もちろん、毎度うまくいくことはありません。でも、相手の意図を聞き間違ってしまったり、勘違いしても、「あら。そりゃ違うよ!」と、笑い飛ばせるような関係っていいですよね。それこそが言葉を超えるコミュニケーション。

そんなコミュニケーションを味わえるカオハガン島はやっぱり楽しい!

 

 

フィリピン人の魂!カオハガン島フィエスタのディスコ徹底解剖

こんにちは!

カオハガン島のyoshieです。

南の島から、フィリピン人から学ぶくらしのひとさじをお届けします。

 

カオハガン島ではもうすぐフィエスタと呼ばれるお祭りがやってきます。島ではフィエスタが年に2回あります。いずれもカトリック教会のお祭りで、5月が本祭、10月は独身者のためのお祭りだそうです。フィエスタでは、夜にディスコが開催されます。それがフィリピン人にとって最高に楽しみなものなのです♪

 

f:id:yoshie_radhika:20190505091757j:plain

 

CONTENTS

 

フィリピンでのフィエスタはディスコディスコディスコ!

フィエスタのディスコって?

フィエスタは2日間にわたり開催されます。遠くから近くから親戚やら友人やらを招待して、ご馳走を食べて飲んで、そして夜はディスコで踊ります。この期間のディスコはどちらかというと、若者中心でイケイケな選曲が多く、流行りの曲が何度も流れて飽きないのかなと思えるディスコです。

どこからともなくやってくるDJブース、ミラーボール、ディスコの柵。だいたい一人20-30ペソで入場できるようになっており、スタンプをペタリと腕に押されます。入場管理をしているのは、もちろん顔なじみの島民です。

夜8時ぐらいまでは子どもたちがディスコ会場で走り回って遊んでいるのですが、元気の良いボイス付きの国家斉唱から始まり、ディスコ開始となれば、ぽつりぽつりと人が集まりだします。

近隣の島から集まる親戚や友人、オカマちゃんたちも加わり、ダンスを楽しむ者、酔っぱらってベロベロの者、出会いを求める者が渦巻く濃厚な場所へと変化していきます。

 

島民たちだけのディスコ、ラウンドテーブル

2日間のフィエスタが終わった後、招待した親戚や友人たちは島を去り、3日目の夜は、カオハガン島民だけの「ラウンドテーブル」とよばれるディスコが開催されます。

ラウンドテーブルでは、ディスコ会場の真ん中にテーブルを置き、そこにラムコークやビールを置いて、飲みながら踊ります。

曲は若者が好む重低音のズンズンしたものではなく、どちらかというとおじさんおばさん向けの、タガログ語やビサヤ語の歌謡曲やな妙に明るい選曲です。

 やはり元気の良いボイス付きの国家斉唱からディスコ開始となれば、普段ディスコではお目にかかれないカオハガンのおじちゃん、おばちゃんたちがいつもと違う“ちょっとよそ行きの服”を着て、キャッキャッ言いながら、一斉に踊りだします。待ち構えていたおじおばちゃんたちがドッと踊りだす姿を見て、なんとも微笑ましく、あたたかい気持ちになる瞬間です。

 

フィリピンの伝統的ダンス?チャチャ

「チャチャ」とよばれるラテン系のステップの社交ダンスのようなものがあります。チャチャ曲が流れると、一斉にチャチャのダンスに切り替わるので驚きます。だいたいその辺で一緒に踊っている人がペアになって踊るのですが、相手が絶対いなければならないという感じではなく、ふんわり2人組という感じ。一方が前にステップだと、もう一方が後ろにステップというかたちで踊ります。アレンジを加えて、くるりと回ったりしている者も。

普段、生活感たっぷりのおばちゃんたちのステップがあまりにもキレキレで、さっすが長年積み重ねてきたものだなぁと、関心するとともに、ほんのり面白さがこみ上げてきます。

 

f:id:yoshie_radhika:20190505091851j:plain

ディスコでモテる女性のスタイリング

わたしが見つけてしまったディスコの法則は、若い女性はみんなショートパンツにキャミソール。これぞセクシー!な服装なのでしょう。そして、気合いが入っている女性は、ディスコの前に水浴びを済ませています。濡れ髪、キャミソール、ショートパンツ、これが完璧なセクシーセット。参加者が全員島民であるラウンドテーブルで、誰にそんなにセクシーさを見せつけたいのかと思いますが、いろいろと事情があるのでしょう。

 

さいごに

 

島民たちは、老若男女問わず、全力で今を楽しみます。

今夜で終わってしまうフィエスタも、フィエスタで全財産使い果たしてしまったことも、なんだったら給与を前借りして来月からその支払いに追われてしまうことも、すべて今夜だけは忘れさせてという想いがのったラウンドテーブルでのディスコ。

昨年のラウンドテーブルでは、わたしも、オットも、オットのお母ちゃんもお父ちゃんも同じディスコ会場で踊っていました。恥ずかしくない、だって楽しんだもん!昔から慣れ親しんでいる隣人たちとの交流を大切にする、愛すべき島民たちの一面がそこにありました。

 

 

《断乳》島の母から教えてもらった3つの大切なこと

f:id:yoshie_radhika:20190414110623j:plain

PHOTO BY NAOHIKO KUBO

こんにちは!

カオハガン島のyoshieです。

南の島から、心身ともに健やかに過ごすためのくらしのひとさじをお届けします。

 

実は、わたし、子育てとは?ということを全く知らずに、南の島の母の教えのもと、子育てをしています。半年前に決行した断乳について、シェアさせていただきますね。

 

断乳とはママの意思で授乳をやめることで、卒乳とは赤ちゃんが自分自身で自然におっぱいを卒業することをいいます。断乳、卒乳のストーリーは人それぞれ。母にとっても子どもにとっても大きく成長する第一歩となるステップだと思います。

 

断乳にあたって、島の母から教えてもらった3つの大切なこと


*子どもに説明してあげること

*スキンシップで愛情を伝える

*意思を貫く

 

この3つを根気強く行えば、必ず乗り越えることができます。わたしの体験談を交えてお話していきますね。

 

f:id:yoshie_radhika:20190414111002j:plain

母が教えてくれる島流断乳

二人目を授かってから、母乳がほとんど出ておらず、それでもおっぱいが大好きなムスメは、一生懸命吸い付いていました。わたしの母乳が出ないせいか、乳首を甘噛みし、何度も泣かされました。

ムスメには「もうおっぱいにはミルクがないんだよ、もうすぐおっぱいとバイバイしようね。」と少しずつ伝え始めていました。

 

子どもに説明してあげること

 

なぜおっぱいとバイバイしなればならないのかということを、子どもに少しずつ説明してあげること、とても大切です。突然大切なものを奪われる子どもにとって、混乱が生じないように、お母さんからきちんと説明してあげましょう。

 

ムスメの2歳の誕生日を終え、母ユーリに断乳したいことを告げたところ、

「わかった。じゃあ、シェリーを連れてマクタン島まで行ってくる。」と、言って、ムスメを連れてマクタン島まで行ってしまいました。

島流の断乳の仕方は、母とムスメを引き離すという荒治療ということでした。

彼女たちの行き先は、オットの弟が住んでいるアパート。そこへ母とシェリーとオットの姉のムスメ二人、合計四人で転がり込み、二晩過ごして帰ってきました。

ムスメはわたしと離れて寝るのがこれが初めての経験ではなかったので、大混乱には陥らなかったが、ママ~と寂しそうに呟いていたそう。

わたしの方はというと、ムスメの授乳がなくなり、おっぱいは張ることもなく、干しレーズンのようにしぼんでおり、もう母乳は生産しませんと身体が呟いているようでした。

 

二日間の親子離れ離れの作戦が終わり、ムスメが島に帰ってきた。久々の再会に抱き合うわたしたち。

これで親子一緒に穏やかな睡眠につくのね、と思ったのもつかの間、授乳なしで睡眠に入ったはいいものの、夜中になると、「トートーイ(おっぱい)!!!!」と泣き叫びました。

断乳の儀式が終わったと思っていましたが、そう簡単にはいきません。

泣くたびに、抱っこして寝かしつける。離れ離れの二日間があったおかげで、泣くものの、すぐに眠るムスメ。

 

f:id:yoshie_radhika:20190414111104j:plain


スキンシップで愛情を伝える

 

夜中に何度も起きては、泣きやむまで抱っこするのはつらいですが、ここでおっぱい以外の安心感を与えてあげてください。お母さんとのスキンシップこそ、断乳への道です。


母と一緒に寝れるのに、おっぱいが近くにあるのに、なぜ飲ませてもらえないのか?そんなムスメの叫びは一週間ほど続きました。その間は、どんなに可哀想と思っても、おっぱいをあげませんでした。ムスメの諦めと悲しみと成長への努力が実り、ムスメは穏やかに眠るようになりました。


意思を貫く

 

断乳を成功させるには、お母さんの強い意思が必要。何があっても決意を曲げない、意思を貫くことで、子どもはそれを習っていきます。

 

まとめ

 

 断乳という決断は、母にとっても子にとってもつらいことです。できればやりたくないというのが本心ですが、これを乗り越えることで母と子の絆がさらに強くなります。

とはいっても、家族からのサポートもとっても大切。ひとりで行おうとせず、周りの人に助けてもらいながら、子育てを楽しみましょうね。

 

あわせてご覧ください

www.yoshie-radhika.com

4つのお手当で解決!子どもとスマホの付き合いかた

f:id:yoshie_radhika:20190214150913j:plain

ムスメと姪っ子@カオハガン島

 

こんにちは!

カオハガン島のyoshieです。

南の島から、心身ともに健やかに過ごすためのくらしのひとさじをお届けします。

 

今回は、島での子育てのおはなし。

子育てをしていると多くの方が悩んでしまう、子どもとスマホとの付き合い方について、わたしたちの体験談を交えておはなしします。

 

4つのお手当で解決!子どもとスマホの付き合いかた

 

実は、わたしのムスメのシェリーが、2歳少し前からスマホの虜になってしまいました。それまでは、他の子が見ている動画をチラリと見ることはあっても、すぐに飽きてしまっていました。

ところが、成長に伴って、動画の内容を理解するようになり、もっと長い間見たくなり、スマホを独占したがるようになりました。お気に入りの動画を見つけることを覚え、おすすめ動画は他にもあるかなぁとスクロールすることを覚え、クリックしてそれを再生させることを覚えました。

夕方、暗がりのわが家で煌々と光るスマホの画面を見つめるムスメを見て、これでいいのかと考え始め、動画を見せることを一旦ストップさせようと決めました。

ありがたいことに、この決意はオットも同じだったようで、夫婦でルールを決めて、“スマホから距離を置くためのお手当”を決行しました。

 

f:id:yoshie_radhika:20190412174658j:plain

 

お手当1. ムスメといるときはスマホの存在を消す

わたしたちがスマホを見ることなく、ムスメとの時間を楽しむことです。これが一番大切なこと。

ムスメといても、ついついスマホを見てしまったり、メッセージのチェックをしていたのを一切やめて、スマホという存在を家族の中から消しました。

オットも密かに動画をよく見ていましたが、ムスメといるときは一切見なくなりました。そうゆう意味では、オットの成長という収穫もありました。

 

お手当2.  いつもと環境を変える

「ベイビーシャーク(ムスメが気に入っている動画)が見たいよぅ。」とおねだりされたときは、「ベイビーシャーク寝ているみたいだよ。」と答えて、他にムスメが興味を示しそうなものを用意しました。

彼女場合は、動物が描かれた絵本(唯一知っている生きものである魚とブタとニワトリ必須)や、紙と鉛筆があれば(魚やブタを描いてという指示あり)で一時的にしのぐことができました。

それでもグズグズと「ベイビーシャーク...」と、動画をねだるときは、スマホやパソコンから離れた場所に連れて行き、ひとときを過ごします。同年代の子どもたちと一緒にじゃれあったり、自然と触れ合っていれば、スマホのことなんてすっかり忘れてしまいます。

 

お手当3.  意思を貫く

ムスメにスマホを要求されても、泣いても叫んでも見せないことです。

お手当を始めたころは、欲望を満たせないムスメがダダをこねて泣いたり、叫んだり、大暴れしたりと大変でした。

それもそう、これまでの数ヶ月間は許可されていたこと、しかもお父さんもお母さんも同じように行っていたことが、急に許可されなくなったら、子どもにとって大混乱です。不満に思うのは当然です。

 

f:id:yoshie_radhika:20190412174741j:plain

 

お手当4.  きちんと説明する

大暴れしたムスメが冷静になってから、「今のまでベイビーシャーク(動画)を見せ過ぎてごめんね。」と伝えます。

「ベイビーシャークを近くで見過ぎたら、ママみたいに目が悪くなっちゃうよ。」と、ムスメをたしなめ、「ママと一緒に遊ぼうね。」と、ムスメを誘い出します。

根気強く向き合えば、幼い子どもも親の言うことを必ず理解します。

 

まとめ

こうして、ムスメは約1ヶ月でスマホを欲しがることはほとんどなくなり、約2ヶ月後にはわたしたちがこっそりスマホを見ていても、興味を示さなくなりました。お手当大成功!オットともこの成果を満足し合っています。

スマホが必ずしも悪いというわけではないのですが、使い方次第ですよね。

せっかく自然豊かな暮らしをしているのだから、それに寄り添って暮らしていきたい。ムスメがこのわたしたちの気持ちを理解してくれ、それに順応してくれたことにとても感謝しています。

 

 あわせてご覧ください

www.yoshie-radhika.com